2007年11月23日

あなたも一緒に考えてください


そんな私がここまで来れたのも貴方のお陰です。

ranking




以下は、産婦人科医をされている、なな先生のブログからの引用となります。


ななのつぶやき


◇◇◇

身近な医者を、2人亡くしています。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



一人は約10年前。

当時30代の、先輩医師です。

研究に、臨床に、非常に忙しくなさっていました。

たまにご連絡を下さる時は、決まって深夜2時3時のメールでした。

学生時代は体育会でご活躍された先生で、

人間?と思いたくなるようなタフさと、ひょうひょうとした笑顔を併せ持った

爽やかな先生でした。

大学病院勤務時代の夏、当時研修医だった私たちを集めて

ナイター見物に連れて行って下さったことがありました。

外野席で、ビールを飲みながらハンバーガーとポテトをほお張って

みんなでひゃあひゃあ言っていたら、

先輩だけ眠ってしまったのを、今でも覚えています。



その日も、病院で夜遅くまでお仕事をなさっていました。

術後の患者さんが落ち着くのを見届けた後、

0時過ぎから論文の添削を始めたところまでは、

他の医師が見ていました。

翌朝、出勤してきた同僚医師が、

医局で倒れている先生を見つけた時には

既にお亡くなりになっていたそうです。



葬儀には、婚約者の女性は出て来ることができなかったと、

後で聞きました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



今度は、友人医師を亡くしました。

彼女も、30代です。



同じ職場の上級医師が、過労でその病院に入院中でした。

元々、一人が過労になるような労働環境ですから、

多くをお話しする必要はないでしょう。

一人が入院・休職しても、

現在の医療事情では代替要員は派遣されませんので、

残ったドクターたちは、目も当てられない忙しさでした。

緊急opeのある科の医師で、毎日遅くまでopeをした上に、

夜中も容赦なく呼び出されていました。

「過労だけは気をつけようね。壊れる前に、逃げようね」

と、お互い言い合っていたのに・・・



その日、彼女は当直でした。

翌朝、交代で当直に来た若い先生が当直室に入ると

彼女は机にうつ伏せになった状態で、亡くなっていたそうです。

大きな悲鳴を聞いて、一番に駆けつけた人が

何と過労で入院中の、彼女の上級医師でした。

その先生は、自分が休職したからだと自分を激しく責め、

入院先も変えた上に、退職されてしまいました。

残った同じ科の先生たちも、全員がご自分を責め続けています。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



二度と犠牲者を出したくありません。

どうしたらいいでしょう。



★ブログランキングに参加しています★

ranking


読み終わったら、1日1クリックお願いします!



○記事後記○

私がよく拝見させていただいていますDr.I先生によるブログ「健康、病気なし、医者いらず」で、この一件を知りました。

あなたも、一緒に考えてもらえますと幸いです。


◇◇◇

この講座では、4人の現役医学部生とひとりの医師がオムニバス形式で、あなたに語りかけます


★不安解消講座★

〜これが知りたかった!いろんな合格者に聞きたいアレやコレ〜

こちらから、無料にてお申込みできます☆


(万が一、お気に召さない場合でも、安心。いつでも、解除可能なので、あなたに一切リスクはありません)


医学教育 - livedoor Blog 共通テーマ



トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 当直中に医師が死亡  [ 健康、病気なし、医者いらず ]   2007年11月23日 18:54
非常に残念な事なのですが。 産婦人科医の「なな先生」の知り合いの医師が、 当直中に亡くなられました。 まずはこの先生のご冥福をお祈りします。 不謹慎かとは思いながら、プライバシーに配慮しながら、 なんとか??)
2. Lost days, Lost life...  [ 医学部目指す日々 ]   2007年12月01日 00:46
医師を志望し、医師として生き、医師として死ぬ。 確かに理想の姿かもしれない、でも、そんな死に方は間違っていると思う。 どんなに醜態を晒しても、歯を食いしばって生き抜いて、少しでも多くの命を助けることこそが・・・・命の価値を誰よりも知る医師の使命だと思う。...

この記事へのコメント

1. Posted by Dr. I   2007年11月23日 18:47
本当に、悲しい事ですね。
医者を志す人には、みんなに考えて貰いたい事ですよね、これ。
もう、こんな悲劇を二度と起こさないために。
2. Posted by sophia97   2007年11月23日 23:41
Dr.I先生へ

ご訪問、ありがとうございました。

各人がそれぞれ、考えてくれるかと存じます。
3. Posted by あずさ   2007年11月24日 21:36
すごくびっくりで、悲しい事実ですね。
これはやっぱり医師不足という現状が問題なんでしょうか?

今のあたしには何もできないけど、勉強をもっと頑張って、医学部生になって、医者になって、先輩医師の方たちをサポートできるようになれるようになります

もうこんなことが二度と起こりませんように…
(v人v)
4. Posted by sophia97   2007年11月25日 00:11
あずささんへ

ご自分でも、少しずつ調べてみるといいと思いますよ。

もちろん、勉強もがんばりましょうね☆

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
無料メール講座
☆★☆〜これが知りたかった!いろんな合格者に聞きたいアレやコレ〜☆★☆

現役医学部生・医師の方が
他では絶対に聞けない話を
完全無料公開!必見です!


Profile
メール24時間受付中!
ご相談!ご感想!
なんでも受けたまわります!

保護者様、高校の先生様も
歓迎いたします!!

メールはこちらから
マスコミ関係者様 取材依頼
医学部受験に関する
テレビ・ラジオ・新聞の取材、
雑誌等への執筆は、
いつでも受け付けています。

お気軽にお問い合わせください。

取材受付フォーム
リンク集
お世話になっております!

★★★★★★★★★★★★
1・きらきら研修医。のブログ
★★★★★★★★★★★★
2・女医風呂 ♪医学部&病院ないしょ話♪
★★★★★★★★★★★★
3・まさ -朝5時起きの外科医-
★★★★★★★★★★★★
4・医は忍術?(旧 医学教育でのひとりごと
★★★★★★★★★★★★
5・女医せいかつ。
★★★★★★★★★★★★
6・山本敏晴の日記
★★★★★★★★★★★★
7・Infectious Disease Expert- 米国臨床留学への道
★★★★★★★★★★★★
8・医学処 -医学の総合案内所-
★★★★★★★★★★★★
9・*gance.com*
★★★★★★★★★★★★
10・京大で勉強したい!( ・∀・)
★★★★★★★★★★★★
11・こにぶろ〔医師への道〕
★★★★★★★★★★★★
12・MEDICAL EGG-Fourth Challenge-
★★★★★★★★★★★★
13・化学の予備校講師 西村能一のブログ
★★★★★★★★★★★★
14・虫が嫌いな農学部生
★★★★★★★★★★★★
15・続々・booの隠れ医学部日記
★★★★★★★★★★★★
16・(元スロプロの)大検からの国立医学部受験
★★★★★★★★★★★★
17・福岡の出張専門の整体院 健康の知恵袋
★★★★★★★★★★★★
18・本山勝寛ブログ: BOYS, BE HUNGRY!@イクメンなう
★★★★★★★★★★★★
19・水野の数学参考書レビュー[高校数学・大学入試]
★★★★★★★★★★★★
20・物理ネット予備校
★★★★★★★★★★★★
21・東京大学五月祭医学部4年生企画「med→lay」
★★★★★★★★★★★★
22・HOT PASSION -数学過多-
★★★★★★★★★★★★
23・救急ダウンタウン〜医者にもいろいろありまして〜
★★★★★★★★★★★★
24・ドクターよろず相談所 お悩み解消ブログ
★★★★★★★★★★★★
25・誰でも受かる医学部入試の極意
★★★★★★★★★★★★