2009年02月

2009年02月27日

私からの宿題


防衛医科大学校

<お知らせ>

高校2年生のあなたへ。もう、ライバルは、始めています。


メールセミナーのご案内(☆防衛医に合格する☆2010)

3日おきにメールが届き、全7回。

1年先、いかに受験を乗り切るのか、具体的なイメージはできますか?

できていない方のみ、すぐさま、受講してください。このままでは、ライバルに差がつけられる一方ですよ。合格者の声も複数、登場します。

コチラから、無料にてお申込みできます☆

_____________


そんな私がここまで来れたのも貴方のお陰です。

ranking




国公立前期試験も、終わりました。これで、高校2年生の方は、本格的に受験生世代へと昇格です。これからの時間は、貴重になりますよ。

さて、昨日の復習です。当然、高校2年生では受験を経験していませんし、受験がどういうもので、合格にはなにが必要なのか、なかなかイメージできません。

そこで、昨日、私が言ったことを覚えていますか?


合格には、「志望校の入試問題の合格最低ラインを超えること」が必要です。そのためには、「今、なにをすべき」か。常に、ここを意識すれば、日々、合格に近づくのではないでしょうか。


このように話しました。

「合格最低ラインを見据えて、そこから、今、やるべきことを考える」

言うのは簡単ですが、実際、行うのは難しいです。

では、どのように達成していけばいいのか?

これは、皆さんに宿題として課しておきましょう。

考えた結果を、私に見てほしい方がいましたら、下記よりご連絡をお待ちしています。全くわからない場合には、ヒントとして、「不安解消講座」や上記にある「☆防衛医に合格する☆2010」をご覧になってみてはどうでしょう。どちらも、無料で合格者の声が聞ける内容となっています。


◇◇◇

あなたもお悩みがございましたら、おひとりで悩まずに、コチラからメールをくださいね

一緒に考えましょう!なお、ここに記入された情報は、すべて最新の技術で暗号化されて送信されますので、第三者から盗み見られたりする心配はありません。



★ブログランキングに参加しています★さて、今日は何位でしょう?

ranking


読み終わったら、1日1クリックお願いします!



記事後記

私立に合格し、後は国公立前期の結果待ちだという受験生の方は、これからなにをするのですか?

よろしかったら、2月18日の記事を参考にしてくだされば幸いです。


_____________


不安解消講座

この講座では、4人の現役医学部生とひとりの医師がオムニバス形式で、あなたに語りかけます。


★不安解消講座★

〜これが知りたかった!いろんな合格者に聞きたいアレやコレ〜

こちらから、無料にてお申込みできます☆


(万が一、お気に召さない場合でも、安心。いつでも、解除可能なので、あなたに一切リスクはありません)



2009年02月26日

高校2年生からのご相談


防衛医科大学校

<お知らせ>

高校2年生のあなたへ。もう、ライバルは、始めています。


メールセミナーのご案内(☆防衛医に合格する☆2010)

3日おきにメールが届き、全7回。

1年先、いかに受験を乗り切るのか、具体的なイメージはできますか?

できていない方のみ、すぐさま、受講してください。このままでは、ライバルに差がつけられる一方ですよ。合格者の声も複数、登場します。

コチラから、無料にてお申込みできます☆

_____________


そんな私がここまで来れたのも貴方のお陰です。

ranking



今日も、最近いただいたご相談の中から、皆さんに共通する内容をご紹介いたしましょう。


◇◇◇

高校2年生からのご相談

こんにちは。
少し相談させて下さい…。
私は県立高校の2年生です。

最近、成績が落ち込んでしまって、偏差値70(進研)くらいになってしまっています。

前回の進研(11月)は、74くらいあったのですが…。

これが今大きな不安になっているんです。

受験までに挽回することは可能でしょうか?


私からの返信

こんばんは!sophia97です。昨日は、ご相談のメールをいただき、ありがとうございました。

模試の成績は、高校3年生になると、卒生も加わり、数学や理科などの範囲の関係もあって、下がる傾向にあります。

まず、私からのアドバイスは、「医学部に合格することと、模試の成績を上げることは異なる」ということ。ぜひ、ここを意識してください。

A判であっても、本番の入試で落ちる受験生はたくさんいます。逆もあり、決して模試の成績が良くなくても、志望する医学部に合格する受験生もいるのです。


では、どうすればいいのか?

模試は、ご自分のやったことに対する効果が出ているのか、その判断基準にしてください。一度、問題集でやったのに、模試でも間違えてしまうことはよくあります。そういった箇所を見つけるために、模試は利用するのです。判定は、一種の目安に過ぎません。

合格には、「志望校の入試問題の合格最低ラインを超えること」が必要です。そのためには、「今、なにをすべき」か。常に、ここを意識すれば、日々、合格に近づくのではないでしょうか。

以上です。また、なにかありましたら、ご連絡くださいね。


◇◇◇

あなたもお悩みがございましたら、おひとりで悩まずに、コチラからメールをくださいね

一緒に考えましょう!なお、ここに記入された情報は、すべて最新の技術で暗号化されて送信されますので、第三者から盗み見られたりする心配はありません。



★ブログランキングに参加しています★さて、今日は何位でしょう?

ranking


読み終わったら、1日1クリックお願いします!



記事後記

実は、今回の返信内容には、まだ言い足りないことがあります。それは、なんだと思いますか?明日、そのことについては、触れたいと思っていますので、各自、少し考えてみてくださると幸いです。

_____________


不安解消講座

この講座では、4人の現役医学部生とひとりの医師がオムニバス形式で、あなたに語りかけます。


★不安解消講座★

〜これが知りたかった!いろんな合格者に聞きたいアレやコレ〜

こちらから、無料にてお申込みできます☆


(万が一、お気に召さない場合でも、安心。いつでも、解除可能なので、あなたに一切リスクはありません)



2009年02月25日

保護者の方からのご相談


保護者の方からのご相談

<お知らせ>

高校2年生のあなたへ。もう、ライバルは、始めています。


メールセミナーのご案内(☆防衛医に合格する☆2010)

3日おきにメールが届き、全7回。

1年先、いかに受験を乗り切るのか、具体的なイメージはできますか?

できていない方のみ、すぐさま、受講してください。このままでは、ライバルに差がつけられる一方ですよ。合格者の声も複数、登場します。

コチラから、無料にてお申込みできます☆

_____________


そんな私がここまで来れたのも貴方のお陰です。

ranking



今しがた、ようやくお返ししていなかったメールを出し終えました。もし、メールを出したのに返って来ていない方がいましたら、お手数ながらご一報くださると助かります。

メールをいただくほど、このブログの記事を書く際も、皆さんのニーズとずれなくなるので、お気軽にメールをいただけたらと思っています。

今日は、その中の1通をご紹介しましょう。


◇◇◇

保護者の方からのご相談

子供が医学部を目指したいと聞き、周りにはまったく医師関係者がいないので、暗中模索状態です。どの大学がどのような特色があり、どのように受験校を決めていけばよいのかがわかりません。


私からの返信

医学部入試は、他学部と異なり、就職試験と同様の意味を持ってきます。そのため、その業界について、よくリサーチすることが大切です。大学も、学閥などもあり、将来の希望を考慮し、選択していければいいでしょう。

さて、どのように医学部について、学んだらいいのか?

ブログの右側(サイド・バー)でもご紹介している『医学部受験の総合的研究』岩嶋宏恭、清水直史・著(旺文社)をお薦めします。

こちらは、受験のことから、入学後の大学生活、医師になってからまで、医師の手で作られた、わかりやすく説明されている1冊。

これをお読みになり、また、なにかご不明な点がございましたら、ご連絡くだされば幸いです。

では、失礼いたします。


◇◇◇

あなたもお悩みがございましたら、おひとりで悩まずに、コチラからメールをくださいね

一緒に考えましょう!なお、ここに記入された情報は、すべて最新の技術で暗号化されて送信されますので、第三者から盗み見られたりする心配はありません。



★ブログランキングに参加しています★さて、今日は何位でしょう?

ranking


読み終わったら、1日1クリックお願いします!



記事後記

最近、夏目漱石・著『こころ』を読んでいます。ちょうど、現代文で教わっている最中の方もいるかもしれませんね。

読み返してみると、いくつか謎が残っています。


御嬢さんやその母親である奥さんは、元々、「私=先生」のことをどう思っていたのか?

先生は、妻に事実を隠し通したいと願っているが、本当に妻側からすれば、妥当な決断なのか?

学生が、先生の家に着いた後の出来事は?学生の行く末は?


まだまだ、謎はあります…。どなたか、ご意見をくださるとうれしいのですが、いかがでしょう。

_____________


不安解消講座

この講座では、4人の現役医学部生とひとりの医師がオムニバス形式で、あなたに語りかけます。


★不安解消講座★

〜これが知りたかった!いろんな合格者に聞きたいアレやコレ〜

こちらから、無料にてお申込みできます☆


(万が一、お気に召さない場合でも、安心。いつでも、解除可能なので、あなたに一切リスクはありません)



2009年02月24日

国公立医学部二次試験


国公立医学部二次試験

<お知らせ>

高校2年生のあなたへ。もう、ライバルは、始めています。


メールセミナーのご案内(☆防衛医に合格する☆2010)

3日おきにメールが届き、全7回。

1年先、いかに受験を乗り切るのか、具体的なイメージはできますか?

できていない方のみ、すぐさま、受講してください。このままでは、ライバルに差がつけられる一方ですよ。合格者の声も複数、登場します。

コチラから、無料にてお申込みできます☆

_____________


そんな私がここまで来れたのも貴方のお陰です。

ranking



明日は、いよいよ国公立医学部の二次試験、運命の日。私に今までメールをくださった多くの方が、全国の大学を受験されると思います。


私からのアドバイスは、ひとつ。

自分を信じてあげる


正直、この世で最もあなたを知っているのは、あなた自身。なぜなら、当然ですが、ずっと見ているわけですから。そんな自分の努力を信じてあげてください。万が一、試験が過去問と傾向が異なっても、条件は皆、同じです。どんな状況でも、ベストの答案を目指しましょう。あきらめたら、そこで試合は終了です。


緊張しているあなたへ。

緊張は誰でもします。そんな中でも、ベストの答案を目指しましょう。それが、医師になる者に対する試練だと思って、乗り越えてください。自分を信じれば、結果は後からついてきますよ、きっと。


◇◇◇

もう一度、Iさん(慶應医生)からの言葉を贈ります。


◇◇◇

私の経験上、受験を勝ち抜くための力は、

学力と精神力の両面から成り立っていると言えます。


ここまで来た今、学力的な詰めをするのは大切なことですが、

それ以上に「心を強く持つこと」が大切になってきます。


実際、解けないと思ったら入試問題は本当に解けなくなってしまいます。


◇◇◇

今までに使った参考書、問題集を机の上に並べてみて下さい。

どれだけやり込んであるでしょうか?

どれだけ手垢で本が汚れているでしょうか?


自分のやってきたことを信じて下さい。

それらすべてが、君の自信になります。


◇◇◇

完璧にしようとしてもキリがありません。

というより無理です。私も無理でした。


どんなに学力的な詰めをしても、

それで不安が消えることはありません。


だから、自信を持って試験に臨んで下さい。

必ず出来ます。


◇◇◇

ここまで何のために多くの楽しみを犠牲にして

頑張ってきたのでしょうか?


今日までの日々を思い返してみて下さい。

そして、自分の将来像を思い描いて下さい。


皆さんの夢の実現を祈っています。



★ブログランキングに参加しています★さて、今日は何位でしょう?

ranking


読み終わったら、1日1クリックお願いします!



記事後記

そんな一方で、次年度に向けた受験生からのご相談も増えています。今年の敗因を分析し、次年度、どのように体制を整え、受験を迎えるのか、よく考えてみることが大切です。


臥薪嘗胆

次年度、成功の鍵は、ここにあるのではないでしょうか。


◇◇◇

あなたもお悩みがございましたら、おひとりで悩まずに、コチラからメールをくださいね

一緒に考えましょう!なお、ここに記入された情報は、すべて最新の技術で暗号化されて送信されますので、第三者から盗み見られたりする心配はありません。

_____________


不安解消講座

この講座では、4人の現役医学部生とひとりの医師がオムニバス形式で、あなたに語りかけます。


★不安解消講座★

〜これが知りたかった!いろんな合格者に聞きたいアレやコレ〜

こちらから、無料にてお申込みできます☆


(万が一、お気に召さない場合でも、安心。いつでも、解除可能なので、あなたに一切リスクはありません)



2009年02月22日

医学部二次面接


医学部二次面接

<お知らせ>

高校2年生のあなたへ。もう、ライバルは、始めています。


メールセミナーのご案内(☆防衛医に合格する☆2010)

3日おきにメールが届き、全7回。

1年先、いかに受験を乗り切るのか、具体的なイメージはできますか?

できていない方のみ、すぐさま、受講してください。このままでは、ライバルに差がつけられる一方ですよ。合格者の声も複数、登場します。

コチラから、無料にてお申込みできます☆

_____________


そんな私がここまで来れたのも貴方のお陰です。

ranking



以前、医学部生の方より、これからの二次面接で参考になるコメントをいただきましたので、ご紹介しましょう。


私は面接対策として代ゼミの医系面接講座を受講しました☆あとは面接対策本や受験する大学のパンフレットを熟読し本番に備えました。

実際の面接では予想外のことを聞かれることもあったので柔軟にかまえて受けてください☆

女性の場合は、女性医師の役割や結婚後はどうするかなどについて、結構聞かれたような覚えがあります



◇◇◇

実際に、高校の先生や予備校などの二次対策で一度練習をしておくと、だいぶ違うとは思います。どんな受験生でも、最初は緊張しますから‥。

また、大学のパンフ(案内)はIさんも言っているですが、基本となります。大学が受験生にアピールするために、作っているのですから、何度も読んでおくことに越したことはないでしょう。



★ブログランキングに参加しています★さて、今日は何位でしょう?

ranking


読み終わったら、1日1クリックお願いします!



記事後記

ブログで何度も面接対策については、触れています。不安でしたら、当ブログのバックナンバー、記事カテゴリで二次対策(面接)を見ていただければ、多くの記事が見つかります。こちらをお読みになり、さらになにかあるようでしたら、遠慮なさらずに下記のフォームよりメールをください。

その悩んでいる時間が、もったいないと思いませんか?


◇◇◇

あなたもお悩みがございましたら、おひとりで悩まずに、コチラからメールをくださいね

一緒に考えましょう!なお、ここに記入された情報は、すべて最新の技術で暗号化されて送信されますので、第三者から盗み見られたりする心配はありません。

_____________


不安解消講座

この講座では、4人の現役医学部生とひとりの医師がオムニバス形式で、あなたに語りかけます。


★不安解消講座★

〜これが知りたかった!いろんな合格者に聞きたいアレやコレ〜

こちらから、無料にてお申込みできます☆


(万が一、お気に召さない場合でも、安心。いつでも、解除可能なので、あなたに一切リスクはありません)



2009年02月21日

慶應義塾大学医学部


慶應義塾大学医学部

<お知らせ>

高校2年生のあなたへ。もう、ライバルは、始めています。


メールセミナーのご案内(☆防衛医に合格する☆2010)

3日おきにメールが届き、全7回。

1年先、いかに受験を乗り切るのか、具体的なイメージはできますか?

できていない方のみ、すぐさま、受講してください。このままでは、ライバルに差がつけられる一方ですよ。合格者の声も複数、登場します。

コチラから、無料にてお申込みできます☆

_____________


そんな私がここまで来れたのも貴方のお陰です。

ranking



今日は、慶應義塾大学医学部一次試験日。

そのため、先輩であるIさん(慶應大学医学部生)からのメッセージをご紹介しましょう。もちろん、これから以後、入試を控えている全医学部受験生に向けての内容です。


◇◇◇

私の経験上、受験を勝ち抜くための力は、

学力と精神力の両面から成り立っていると言えます。


ここまで来た今、学力的な詰めをするのは大切なことですが、

それ以上に「心を強く持つこと」が大切になってきます。


実際、解けないと思ったら入試問題は本当に解けなくなってしまいます。


◇◇◇

今までに使った参考書、問題集を机の上に並べてみて下さい。

どれだけやり込んであるでしょうか?

どれだけ手垢で本が汚れているでしょうか?


自分のやってきたことを信じて下さい。

それらすべてが、君の自信になります。


◇◇◇

完璧にしようとしてもキリがありません。

というより無理です。私も無理でした。


どんなに学力的な詰めをしても、

それで不安が消えることはありません。


だから、自信を持って試験に臨んで下さい。

必ず出来ます。


◇◇◇

ここまで何のために多くの楽しみを犠牲にして

頑張ってきたのでしょうか?


今日までの日々を思い返してみて下さい。

そして、自分の将来像を思い描いて下さい。


皆さんの夢の実現を祈っています。



★ブログランキングに参加しています★さて、今日は何位でしょう?

ranking


読み終わったら、1日1クリックお願いします!



記事後記

最近、新聞を読んでいると、いろいろなニュースが目に付きます。

中でも、今月19日朝刊で伝えられた「臨床研修1年も可に」というもの。各新聞に掲載されていたと思うのですが、現行2年の臨床研修を実質1年に短縮できるというのです。

これに関しては、医師の方のブログを読んでいると、様々な視点でこのニュースを見ており、参考になりますね。

さて、あなたはこの案、どのように思いますか?


◇◇◇

あなたもお悩みがございましたら、おひとりで悩まずに、コチラからメールをくださいね

一緒に考えましょう!なお、ここに記入された情報は、すべて最新の技術で暗号化されて送信されますので、第三者から盗み見られたりする心配はありません。

_____________


不安解消講座

この講座では、4人の現役医学部生とひとりの医師がオムニバス形式で、あなたに語りかけます。


★不安解消講座★

〜これが知りたかった!いろんな合格者に聞きたいアレやコレ〜

こちらから、無料にてお申込みできます☆


(万が一、お気に召さない場合でも、安心。いつでも、解除可能なので、あなたに一切リスクはありません)



2009年02月18日

合格後の話


医学教育 概論

<お知らせ>

高校2年生のあなたへ。もう、ライバルは、始めています。


メールセミナーのご案内(☆防衛医に合格する☆2010)

3日おきにメールが届き、全7回。

1年先、いかに受験を乗り切るのか、具体的なイメージはできますか?

できていない方のみ、すぐさま、受講してください。このままでは、ライバルに差がつけられる一方ですよ。合格者の声も複数、登場します。

コチラから、無料にてお申込みできます☆

_____________


そんな私がここまで来れたのも貴方のお陰です。

ranking



昨日、慈恵の二次が終わり、私大受験生の中には、無事、受験が終わった方も多いのではないでしょうか。もちろん、慶應や国公立、私大後期を受ける方は、これからが勝負なのですが・・・

さて、受験も終わったあなた!ヒマをもてあましていませんか?笑

このようなご相談を、いただいております。


ご相談

親には『大学入るまではのんびりしろ』と言われましたが、ずっと勉強してきたため、突然手持ち無沙汰になりどうしたらいいかわかりません。物理選択なので、生物科目をまずは『ふ〜ん』ぐらいに気楽にかじってみたいし、医学英語もいずれはやらなければいけないのでやってみたい気はあります。何かオススメがありましたら、お願いします。


返信

さて、医学部合格を果たした際に、私がお薦めしているのは、『医学教育 概論(1)』瀬江千史・本田克也・小田康友・著(現代社白鳳選書)の一冊です。これは、医学部生としていかに医学を学んでいけば、実力のある医師になれるのか、医学部の先生方が中心となって書かれたもの。

あとは、英語でしょうか。現実、医学部の教科書は英語であることが多く、受験でやった科目の中で、最も使う科目だと聞いています。こちらは、TOEICという資格試験があり、多くの大学で採用しています。最近、Z会などから、受験英語から、TOEICの橋渡し的な教材をいくつか出しています。この辺から始めてみるのは、いかがでしょうか。

生物につきましては、『看護のための「いのちの歴史」の物語』本田克也・加藤幸信・浅野昌充・神庭純子・著(現代社白鳳選書)などがお薦め。

看護とありますが、医師であり、学者である本田先生が著者のひとりに参加されており、医学部生にとっても、十分に学びがいのある1冊になっています。

よろしければ、書店で手にしてみていただければ幸いです。








◇◇◇

あなたもお悩みがございましたら、おひとりで悩まずに、コチラからメールをくださいね

一緒に考えましょう!なお、ここに記入された情報は、すべて最新の技術で暗号化されて送信されますので、第三者から盗み見られたりする心配はありません。



★ブログランキングに参加しています★さて、今日は何位でしょう?

ranking


読み終わったら、1日1クリックお願いします!



記事後記

昨日、友人とスカイプというPCでの無料電話をしました。

設定がよくわからないというので、この前、友人の家まで行って、設定してきたのです。そうしたら、「あっ、ブログ読んでますよ。映画、観すぎじゃないですか?」と言われてしまいました…汗


_____________


不安解消講座

この講座では、4人の現役医学部生とひとりの医師がオムニバス形式で、あなたに語りかけます。


★不安解消講座★

〜これが知りたかった!いろんな合格者に聞きたいアレやコレ〜

こちらから、無料にてお申込みできます☆


(万が一、お気に召さない場合でも、安心。いつでも、解除可能なので、あなたに一切リスクはありません)



無料メール講座
☆★☆〜これが知りたかった!いろんな合格者に聞きたいアレやコレ〜☆★☆

現役医学部生・医師の方が
他では絶対に聞けない話を
完全無料公開!必見です!


Profile
メール24時間受付中!
ご相談!ご感想!
なんでも受けたまわります!

保護者様、高校の先生様も
歓迎いたします!!

メールはこちらから
マスコミ関係者様 取材依頼
医学部受験に関する
テレビ・ラジオ・新聞の取材、
雑誌等への執筆は、
いつでも受け付けています。

お気軽にお問い合わせください。

取材受付フォーム
リンク集
お世話になっております!

★★★★★★★★★★★★
1・きらきら研修医。のブログ
★★★★★★★★★★★★
2・女医風呂 ♪医学部&病院ないしょ話♪
★★★★★★★★★★★★
3・まさ -朝5時起きの外科医-
★★★★★★★★★★★★
4・医は忍術?(旧 医学教育でのひとりごと
★★★★★★★★★★★★
5・女医せいかつ。
★★★★★★★★★★★★
6・山本敏晴の日記
★★★★★★★★★★★★
7・Infectious Disease Expert- 米国臨床留学への道
★★★★★★★★★★★★
8・医学処 -医学の総合案内所-
★★★★★★★★★★★★
9・*gance.com*
★★★★★★★★★★★★
10・京大で勉強したい!( ・∀・)
★★★★★★★★★★★★
11・こにぶろ〔医師への道〕
★★★★★★★★★★★★
12・MEDICAL EGG-Fourth Challenge-
★★★★★★★★★★★★
13・化学の予備校講師 西村能一のブログ
★★★★★★★★★★★★
14・虫が嫌いな農学部生
★★★★★★★★★★★★
15・続々・booの隠れ医学部日記
★★★★★★★★★★★★
16・(元スロプロの)大検からの国立医学部受験
★★★★★★★★★★★★
17・福岡の出張専門の整体院 健康の知恵袋
★★★★★★★★★★★★
18・本山勝寛ブログ: BOYS, BE HUNGRY!@イクメンなう
★★★★★★★★★★★★
19・水野の数学参考書レビュー[高校数学・大学入試]
★★★★★★★★★★★★
20・物理ネット予備校
★★★★★★★★★★★★
21・東京大学五月祭医学部4年生企画「med→lay」
★★★★★★★★★★★★
22・HOT PASSION -数学過多-
★★★★★★★★★★★★
23・救急ダウンタウン〜医者にもいろいろありまして〜
★★★★★★★★★★★★
24・ドクターよろず相談所 お悩み解消ブログ
★★★★★★★★★★★★
25・誰でも受かる医学部入試の極意
★★★★★★★★★★★★